上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
皇紀2672年6月09日                                     チュチェ思想研究                                                                        キムジョンウン最高司令官の生誕と就任を祝賀して
チュチェ思想研究セミナーと祝賀パーティーが沖縄で開催される
  キムジョンウン朝鮮人民軍最高司令官の生誕と就任を祝賀し、1月8日、「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」およびパーティーが、沖縄で開催された。 沖縄の各界人士と全国各地のチュチェ思想研究者約120名が参加した。

 ■「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」 日本チュチェ思想研究会全国連絡の主催により、「チュチェ思想と世界の自主化に関するセミナー」が、沖縄県立博物館・美術館でおこなわれた。
セミナーは、同研究会事務局長の花輪不二男氏と全駐労マリン支部元委員長の仲里修氏の司会で進行した。              
             20120201.jpg

 冒頭、キムジョンイル朝鮮労働党総書記急逝に哀悼の意を表し、参加者全員による黙祷がおこなわれた。
 花輪氏は開会のあいさつで、全国と地元のチュチェ思想研究者に謝意を表しながら、このセミナーの重要性について述べた。
 セミナーでは最初に、訪朝し総書記の霊前に弔意を表したチュチェ思想研究者による「キムジョンイル総書記・永訣の日に」と題する詩の朗読がおこなわれた。
 セミナーでは、3氏による報告がおこなわれた。
 チュチェ思想研究会全国連絡会会長を務める佐久川政一・沖縄大学名誉教授は、「米帝の支配をなくし平和な沖縄を」と題して報告をおこなった。
 20120115_02.jpg
佐久川名誉教授は、日本には平和憲法と言われる憲法があり、独立も達成したはずだが、日米安全保障条約(日米安保)締結以降、今日まで米軍に基地を提供し続け、アメリカの属国のようになっていると述べた。
 また、在日米軍基地の約75%が集中する沖縄においては、日米地位協定によりアメリカの治外法権が認められ、相次ぐ米兵による犯罪にたいしても正当に裁くこともできない現状があるとし、沖縄の人権は長年無視されていると指摘した。
 日米安保を破棄して米軍基地を撤去し、アメリカ帝国主義による支配をなくして日本を自主化し、一日も早く平和な沖縄をきずかなくてはならないと述べた。
 20120115_03.jpg
在日本朝鮮社会科学者協会会長のキムファヒョ氏は、「新年の『共同社説』から見るキムジョンイル国防委員長逝去後の朝鮮」と題して報告をおこなった。
 報告では、朝鮮の『労働新聞』『朝鮮人民軍』『青年前衛』の三紙共同社説「偉大なキムジョンイル同志の遺訓を体し、2012年を強盛・繁栄の全盛期が開かれる誇るべき勝利の年として輝かそう」の特徴について三点を指摘した。
 一つは、キムジョンウン同志が朝鮮の革命と建設の最高指導者であることを明示したこと、二つは、キムイルソン主席とキムジョンイル総書記の遺訓の実現こそが朝鮮革命と建設の総路線であること、三つは キムジョンイル総書記の業績を集約したことであると述べた。
 チュチェ思想国際研究所尾上健一事務局長は「チュチェ革命偉業の継承者、キムジョンウン同志」と題してつぎのように報告した。
 革命偉業において、領袖は統一と団結の中心である。
 永訣式の日に目の当たりにしたものは、指導者と人民が一体となり、国家的範囲で一つの大家庭がきずかれていることであった。朝鮮は、親にとってみれば子が、子にとってみれば親を亡くしたというような、もっとも愛する家族を亡くしたという雰囲気に包まれていた。
 領袖は家族のなかで父、母のような存在であり、領袖がいるからこそ人々は安心して生活することができ、困難があっても乗り越えていく力を得ることができる。
 その日、雪が強く降った平壌で、人々がわれ先にとキムジョンイル総書記の霊柩車に雪道を踏ませまいと、身につけていたスカーフや上着を脱いで道に敷いていた。昼間でも寒さが厳しく夜になるとさらに冷え込むなかでも、朝鮮人民は昼も夜も弔意場を訪れている。
 その光景を見たキムジョンウン同志は、来る人に砂糖や蜂蜜入りの熱いお湯をふるまい、それでも足りなくて仮設の休憩場を設け、医療班を配置するように指示された。そこには、指導者と人民が一体化した姿があった。
 キムイルソン主席は10代にして革命の道に入り、多くの苦労をともないながらも、その後70年間、人民のための一筋道を歩み続けた。
 キムジョンイル総書記は主席亡き後、17年間、休む暇もなく、ただひたすら人民を愛し人民のために生きた。
 キムジョンイル総書記が亡くなった深い悲しみのなかでも、朝鮮人民はいままでと何一つ変わらず、新しい領袖であるキムジョンウン同志を中心にかたく団結しており、朝鮮の体制は磐石であることは疑いえない。
 キムジョンウン同志は、1月1日、第105戦車部隊を訪問して新年会を兵士たちと過ごし引き続き先軍政治をおこなっていくことを示した。
 尾上事務局長は、キムジョンイル総書記が逝去された悲しみを何十倍の力に変えて、チュチェ思想研究普及活動における課題遂行のためにつき進んでいこう、そして、キムジョンイル総書記誕生70周年、 キムイルソン主席誕生100周年も盛大に記念していこうと、報告を締めくくった。
 セミナーに参加した渡久山章琉球大学名誉教授は、沖縄には米兵による暴行事件がたえず、県民の悲しみは深い、沖縄に基地はいらないとだれもが願っているにもかかわらず、その一方で朝鮮脅威論が宣伝され、米軍基地の存続が正当化されている。朝鮮がどんな国であるかを知り、真実をはっきりと認識していきたいと表明した。
 また、社会民主党沖縄県連合会副委員長の狩俣信子氏は、元参議院議員の清水澄子氏と訪朝し、チュチェ思想が具現された朝鮮を目の当たりにした。朝鮮人民との友好連帯運動を強め、基地のない沖縄をつくるためにひきつづき尽力したいと述べた。


  ■キムジョンウン最高司令官生誕祝賀パーティー   セミナーに続き、チュチェ思想国際研究所と沖縄チュチェ思想研究連絡会の共催により「キムジョンウン最高司令官生誕祝賀パーティー」がおこなわれた。
 パーティーの開会に際して、佐久川政一名誉教授は、本日のキムジョンウン最高司令官生誕祝賀パーティーは世界に先駆けて開催された歴史的意義のある集まりであると述べ、全国各地から参加したチュチェ思想研究者と地元沖縄の各界人士に感謝の意を表した。
 続いて、衆議院議員の山内徳信氏のつぎのような祝賀メッセージが紹介された。
 「苦難のたたかいのなかから生まれたのが『チュチェ思想』であり沖縄の『命どぅ宝』の思想も同じ生きる哲学だと思います。
 キムイルソン主席生誕100周年を迎える今年、朝鮮の指導者キムジョンウン氏のもとで21世紀に輝く国づくりが展開されますことを心から祈念申し上げます」
 沖縄社会大衆党顧問の島袋宗康氏をはじめ、沖縄の各界人士があいさつの言葉を述べた。

 20120115_04.jpg 20120115_05.jpg 
 
パーティーでは、つぎに、芸能公演がおこなわれた。
 沖縄の八重山で祝宴の座開きとして歌い踊られる舞踊「赤馬節」、日本の先住民族であるアイヌ民族の伝統舞踊「エムシリムセ(剣の舞)」、人々の自主性を実現するためのチュチェの道を心一つにしてすすんでいくことを形象した創作日本舞踊「ひとすじの道」が、披露された。


*    *    *

 参加者は、キムイルソン主席誕生100周年、キムジョンイル総書記誕生70周年を迎える意義深い年の初めに沖縄でセミナーが開催されたことで、2012年の活動をさらに力強くおし進める決意を固めた。
                                                                                                             ソース⇒チュチェ思想研究 http://juche.v.wol.ne.jp/                                                                                                                                                                            
スポンサーサイト
|06/09| 未分類コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。